映画一覧

映画『シャーロット・グレイ』作品情報、あらすじ

あらすじ

第二次世界大戦下、看護婦のシャーロットはロンドンに向かう列車の中で役人のリチャードにパーティーに誘われる。

シャーロットはパーティーで出会った空軍のピーターと知り合い、恋に落ちた。

シャーロットがフランス語に堪能なことから、リチャードはシャーロットにレジスタンス運動の参加を持ちかけ、シャーロットは引き受ける。

シャーロット・グレイ 予告編

登場人物

シャーロット・グレイ – ケイト・ブランシェット

ジュリアン – ビリー・クラダップ

ルベート – マイケル・ガンボン

ピーター・グレゴリー – ルパート・ペンリー=ジョーンズ

リチャード・カナリー – ジェームズ・フリート

ルネック – アントン・レッサー

ミラベル – ロン・クック

アンドレ – ルイス・クラッチ

ジャコブ – マシュー・プラト

ポール・ピション – ジャック・シェファード

ボロウスキ – ロバート・ハンズ

デイジー – アビゲイル・クラッテンデン

サリー – シャーロット・マクドゥーガル

作品情報

タイトル:シャーロット・グレイ

原題:CHARLOTTE GRAY

製作年度:2001年

上映時間:121分

製作国:イギリス,ドイツ,オーストラリア

ジャンル:ドラマ、戦争、ロマンス

監督:ジリアン・アームストロング

製作総指揮:ロバート・バーンスタイン、ハンノ・ヒュース、ポール・ウェブスター

原作:セバスチャン・フォークス

脚本:ジェレミー・ブロック

音楽:スティーヴン・ウォーベック


映画『ゴーン・ガール』作品情報、あらすじ

あらすじ

結婚記念日の朝、ニック・ダンは妻のエイミーが失踪したことに気づく。

人気児童文学のモデルにもなったエイミーの失踪でメディアは過激化

彼がソシオパスであり妻を殺したと世間は考えるようになる。

夫妻は不況の影響で仕事を失い彼の地元である片田舎ーサジへ引っ越さなければならな

ニックは地元に残り、妻に出資させて妹とバーの経営し、地元の短大で講師を始める。

エイミーは、ニックが仕事と偽って出かけ、隠れて元教え子と浮気をしているのを見つけ、彼が自分と出会ったころと同じしぐさを浮気相手にしているのを見て怒る。

地元警察の女性刑事ロンダ・ボニーは取り調べで、ニックが妻の日常や妊娠を知らなかったこと、夫妻には金銭的問題や家庭内暴力があったこと、エイミーが銃を求めていたことを明らかにする。

証拠は全て彼に不利なもので、ニックは第一容疑者として逮捕される。

エイミーは実は生きており、殺されたように見せかけていたのはニックの浮気に対する復讐

不利な証拠となった彼女の日記はあらかじめ彼に疑いが向くように真偽織り交ぜて書かれたもの

床から拭かれた血、飛び散った血痕と壊れたコーヒーテーブルは、すべてエイミーが失踪当日に、ニックが彼女を殺害する際に争った跡に見せかけるために仕込んだものであった。

エイミーは婦ノエル・ホーソーン女の尿を盗み妊娠を偽装

エイミーは遠く離れたモーテルでナンシーと名乗り

彼で数年前に彼女が接近禁止令を出した裕福なデジー・コリングスに電話をかける。

エイミーはデジーにニックが殺そうとしたから逃げたと言う。

ニックはエイミーが彼を破滅させようとしていることに気づき、双子の妹マーゴに無実を訴える。

メディアのニックに対する反感が強まる中、兄妹は夫が妻を殺害したケースを専門とする弁護士タナー・ボルトを雇い、ニックの世間に対する印象を向上させようとする。

タナー弁護士とマーゴはニックは頭を抱えるが、ニックはトーク番組に出演するて完璧でなかったことを謝罪し、エイミーに家に帰ってきてほしいと

エイミーは逃走計画をの監視カメラを用いてデジーが彼女をレイプしたかのようトルを用いて自身の性器を傷つける。

翌日、エイミーはデジーを誘惑し性行為中にカッターで彼の首を掻っ切る。

彼女はテレビ局のスタッフが張り込んでいる家の前まで血塗れで戻り、記者にデジプされたと主張し、ニックの無実を訴える。

タナーには何もできなくなり、ボIは事件を解決済にする。盗聴されないようにシャワーでニックを裸にし、エイミーは殺人と復讐を認める。彼女は番組で見た妻の帰宅を嘆願する男こそ彼女が結婚した男であり、これからもそうであって欲しいと言う。ニックは妻と別れ、嘘を暴きたいと願う。テレビ番組でのインタビュー前にエイミーは精子バンクで溜めていたニックの精子を使い妊娠し

ニックは怒りのあまり壁に彼女の頭を打ち付けるが、子供に対して責任感マーゴず、ニッ生を共にすることを決め、夫妻は番組で子供を待ち望んでいると発表する。

登場人物

ニコラス(ニック)・ダン – ベン・アフレック

エイミー・エリオット・ダン – ロザムンド・パイク

デジー・コリングス – ニール・パトリック・ハリス

タナー・ボルト – タイラー・ペリー

マーゴ・ダン – キャリー・クーン

ロンダ・ボニー刑事 – キム・ディケンズ

ジェームズ・ギルピン巡査 – パトリック・フュジット

ノエル・ホーソーン – ケイシー・ウィルソン

エレン・アボット – ミッシー・パイル

シャロン・シーバー – セーラ・ウォード

アンディ・フィッツジェラルド – エミリー・ラタコウスキー

ショーナ・ケリー – キャスリーン・ローズ・パーキンス

メアリーベス・エリオット – リサ・ベインズ

ランド・エリオット – デヴィッド・クレノン

トミー・オハラ – スクート・マクネイリー

ジェフ – ボイド・ホルブルック

グレタ – ローラ・カーク

マーリーン・ダン – シド・ストリットマター

ビル・ダン – レオナルド・ケリー=ヤング

作品情報

タイトル:ゴーン・ガール

原題:GONE GIRL

製作年度:2014年

上映時間:149分

製作国:アメリカ

ジャンル:サスペンス、ドラマ

監督:デヴィッド・フィンチャー

製作総指揮:レスリー・ディクソン、ブルーナ・パパンドレア

原作:ギリアン・フリン

脚本:ギリアン・フリン

音楽:トレント・レズナー、アッティカス・ロス


映画『神さまの言うとおり』恐怖のデスゲームに巻き込まれる高校生たち

映画『神さまの言うとおり』、福士蒼汰くん主演で三池崇史監督の話題作です。

あらすじ

何事もない日々に飽き飽きしていた高校生・高畑瞬(福士蒼汰)の通う学校に突如ダルマが出現し、命を懸けたゲームの始まりを告げる。少しでも動いたら首が吹き飛ぶ第1のゲーム「ダルマさんが転んだ」をクリアした彼は、幼なじみの同級生・秋元いちか(山崎紘菜)と一緒に第2のゲームへと向かう。一方世間では、ゲームから生還した生徒たちを、神の子とあがめており……。

 

感想

学校に突然ダルマがやってきて、いきなりデスゲームが始まるっていう不幸に見舞われた高校生達。

だるまさんが転んだで福士くんのクラスの生徒たちはほとんどが死ぬんです。

最後まで生き残っていたサタケ(染谷将太)も最後には死んでしまうのです。

ダルマの次は猫に襲われます。

猫の首輪に着いたリングに鈴を投げてゴールできればオッケー。

でも猫もそれを知ってか絶対にゴールをわらせません。

この時、皆はネズミの気ぐるみを着せられるんですけど、福士くんのネズミ姿は可愛かったです。

神木隆之介くんが出てるんですけども、珍しくちょっと悪い役なんです。不良みたいな。

この猫の時は神木隆之介くんが活躍します。

猫の次はコケシ。コケシと花いちもんめをして後ろの正面を当てます。

コケシの次はシロクマでこれは嘘つきを見つけるもの。

この時に福士くんの昔の同級生の女の子が死んじゃいます。可愛かったのに残念です。

と、こんな感じでデスゲームをクリアしていった先にあるのは平和な日常なのでしょうか?

気になった方はぜひ見てみて下さい。


映画『ゲットアウト』あらすじ、感想

あらすじ

ローズの実家へ向かう途中、2人の乗る車は鹿に衝突

事故現場にやって来た警官がクリスに横柄な態度を取ったため、ローズは警官を一喝

画商ジム・ハドソンに「僕は君の写真が大好きなんだ」と言われた。

「何故君は僕が黒人であることを両親に伝えないのか」と尋ねると、ローズは「父さんと母さんは人種を気にするような人たちじゃないわ。貴方のことを歓迎してくれるはずよ」と答えた。

クリスは、ジョージーナとウォルターに挨拶する。

クリスはミシーから「禁煙のために催眠療法を受けなさい」と言われたが、丁重に断った。

ディーンとミシーから「明日はパーティーがあるんだ」と告げられたローズは露骨に嫌な顔

クリスが「パーティーの招待客が白人ばかりだから、僕はいらいらしているんだ」とジョージーナは狂ったように「No, No, No…」と繰り返

アーミテージ家に到着した2人は、ローズの両親であるディーンとミシーから暖かい歓迎を受ける。

クリスはケンカとスポーツに明け暮れているローズの弟、ジェレミーにも会った。

クリス・ワシントンはローズの実家に挨拶へ行く

クリスが一服するために家の外に出ると、ウォルターが家の周りを全力疾走していた

。ジョージーナに至っては窓を凝視していた

黒人差別を受けているわけではないが、やたらとクリスのことを褒めスイングを見せてくれと言われたり、体格を触って調べたりしてくる客

2人の奇行に恐怖を感じたクリスはミシーの部屋に駆け込んだ

催眠療法の最中、何故かミシーは紅茶の入ったティーカップをスプーンで頻繁にかき混ぜ

気分が悪くなる一方のクリスは、友人のロッドに連絡を取ろうとしたが、携帯電話の充電が切れていることに気がついた。

不快に思いつつも警官の質問に答えていった。

催眠によって、クリスは母親が亡くなった夜を思い出す

快感を抱くようになっていた。

クリスはウォルターに話しかけたが、彼は昨夜の全力疾走はただの運動だった、

招待客が白人だったこともあって、クリスは少々気分を害した。

居心地が悪いクリスはアーミテージ家の2階に上がる

ジョージーナが充電コードを勝手に抜いていた

クリスはジョージーナを詰問したが、彼女は「清掃中に誤って抜けてしまったんです。申し訳ありません」

アカデミー賞 第90回(2017年)

脚本賞

NY批評家協会賞 第83回(2017年)

新人監督賞

LA批評家協会賞 第43回(2017年)

脚本賞

作品情報

タイトル

ゲット・アウト

原題

GET OUT

製作年度

2017年

上映時間

104分

製作国

アメリカ

ジャンル

ホラー

サスペンス

監督

ジョーダン・ピール

製作総指揮

レイモンド・マンスフィールド

クーパー・サミュエルソン

ショーン・レディック

ジャネット・ヴォルトゥルノ

脚本

ジョーダン・ピール

音楽

マイケル・エイブルズ

関連サイト

映画『ゲット・アウト』公式サイト 4.11(水) Blu-ray&DVDリリース!

ゲット・アウト : 作品情報 – 映画.com


映画『一週間フレンズ。』作品情報

 

あらすじ

長谷祐樹は、藤宮香織と仲良くなりたいと思い、彼女に近づこうとする。

祐樹の親友でクールな桐生将吾や、天然系の忘れっぽい性格の山岸沙希との交流を通して、香織は少しずつだが友達のことを記憶できるようになっていく。香織の小学校の頃のクラスメイトの九条一が転校してきた事から、香織は再び記憶を失ってしまう。

「1週間で友達との記憶を無くしてしまう」からだった…。

それでも祐樹はひたむきに、香織との仲を紡いでいこうとする。

記憶喪失の原因を思い出し乗り越えたことで、香織の症状は改善の兆候を見せ、

小学生時代、仲の良かった二人は、それが元で親友だった女子たちから非難され、そのショックから香織は記憶を失う

登場人物

  • 長谷 祐樹(はせ ゆうき)
  • 岡山智樹 – 山﨑賢人
  • 藤宮 香織(ふじみや かおり)
  • 岡野真也- 川口春奈
  • 桐生 将吾(きりゅう しょうご)- 松尾太陽(超特急)
  • 山岸 沙希(やまぎし さき) – 高橋春織
  • 九条 一(くじょう はじめ) – 上杉柊平
  • 藤宮 志穂(ふじみや しほ) – 国生さゆり
  • 芹沢 舞子(せりざわ まいこ)
  • 西村 藍(にしむら あい)

作品情報

タイトル

一週間フレンズ。

製作年度

2016年

上映時間

120分

製作国

日本

ジャンル

青春

ロマンス

監督

村上正典

原作

葉月抹茶

音楽

やまだ豊


映画『マトリックス』あらすじ、作品情報

あらすじ

人類の抵抗軍の一員となったネオは、仮想空間と現実を行き来しながら、人類をコンピュータの支配から解放する

モーフィアスはネオこそがコンピュータの支配を打ち破る救世主

トーマス・アンダーソンは、メタ・コーテックスに勤めるプログラマ

トーマスは「起きろ、ネオ(Wake up, Neo.)」「マトリックスが見ている(The Matrix has you.)」「白ウサギについて行け(Follow the white rabbit.)」という謎のメールを受け取る。

トーマスにはあらゆるコンピュータ犯罪を起こす天才ハッカーネオ

トーマスは自分が培養槽のようなカプセルの中に閉じ込められ、身動きもできない状態であることに気づく。

トリニティたちの言ったことは真実で、現実の世界はコンピュータの反乱によって人間社会が崩壊し、人間の大部分はコンピュータの動力源として培養されていた。

トリニティの仲間のモーフィアスを紹介され「あなたが生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げ

起きているのに夢を見ているような感覚に悩まされ「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という、漠然とした違和感を抱いていたが、それを裏付ける確証も得られず毎日を過ごしていた。

日常の違和感に悩まされていたトーマスは現実の世界で目覚める

トーマスは、モーフィアスが船長を務める工作船「ネブカドネザル号」の仲間として迎えら

「ネオ」を名乗ることになった。

仮想空間での身体の使い方や、拳法などの戦闘技術

『マトリックス リローデッド&レボリューションズ』 予告編

 

作品情報

タイトル

マトリックス

原題

THE MATRIX

製作年度

1999年

上映時間

136分

製作国

アメリカ

ジャンル

SF

アクション

サスペンス

監督

アンディ・ウォシャウスキー

ラリー・ウォシャウスキー

製作総指揮

バリー・M・オズボーン

アンドリュー・メイソン

アンディ・ウォシャウスキー

ラリー・ウォシャウスキー

アーウィン・ストフ

ブルース・バーマン

脚本

アンディ・ウォシャウスキー

ラリー・ウォシャウスキー

音楽

ドン・デイヴィス

登場人物

  • ネオ(トーマス・A・アンダーソン)/キアヌ・リーブス
  • モーフィアス/ローレンス・フィッシュバーン
  • トリニティー/キャリー=アン・モス
  • エージェント・スミス ヒューゴ・ウィーヴィング
  • オラクル/グロリア・フォスター
  • サイファー/ジョー・パントリアーノ
  • タンク/マーカス・チョン
  • エイポック/ジュリアン・アラハンガ
  • マウス/マット・ドーラン
  • スウィッチ/ベリンダ・マクローリー
  • ドーザー/レイ・パーカー
  • エージェント・ブラウン/ポール・ゴダード
  • エージェント・ジョーンズ/ロバート・テイラー

参考サイト

アニメフレンズ☆